So-net無料ブログ作成
検索選択

感動の『ねむの木学園のこどもたちとまり子の美術展』 [アート日記]

沼津駅北口のキラメッセぬまづの2階ギャラリーで開催されている『ねむの木学園の子どもたちとまり子美術展』へ行きました。
DSC_1066.JPG

泣ける。
子どもたちの素直な心の表現が、色や線や形になっていて、それが、まっすぐつきささるように力強いのです。
ねむの木学園の子どもたちは、ハンディキャップがあります。そういう子どもたちが描いたから感動しているのではありません。

思いや、感じたこと、目に見えない感情や感覚が作品になっていることに涙がでました。

芸術を通して、子どもたちとかかわっていること、芸術のあり方と生き方の美しさが同じこと、造形表現で生きることを子どもたちと一緒に考えているところに衝撃と感銘を受け、私は大学で保育士のコースを進んでいました。

展示を見終わり、ショップを見ていたら入り口から、お着物を着て車椅子で宮城まり子さんがいらっしゃったではありませんか!
90歳ですよ、まさかお会いできるとは!

画集にサインをいただき、一緒に写真を撮っていただきました。
DSC_1069.JPG
お元気~、なんて素敵なことでしょう!
このタイミングでお会いできたことは、私にとって、パワーをもらえました。

ごきげん、ごきげん。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

富士山の「おかえり」 [日常日記]

富士山と言っても色々なイメージあると思いますが、我が家から見える富士山が私にとっては富士山の「顔」だと思っています。

駅からの帰り道。
歩き進んで行くと、家並みの間からチラリチラリと見えるときがあります。
夕方帰る時、富士山がのぞくたびに違う色で素敵でした。
薄いピンク、水色、写真をとった時は、空はピンクだけど、お顔はグレー。
DSC_1056.JPG
このお顔で「おかえり。」と言ってもらえる時、とても幸せを感じます。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

5月の児童夢基金の大イベント [児童夢基金]

先日、お知らせしましたが、児童夢基金の5月のイベントに、『Bridge of the Rainbow』と題して、あのタップダンサーたちが、ななななんと、帰ってきます。
2017_2.jpg

この夢のステージを見逃さないでー。

チケットは残り少なくなってきました。
お早めにお申し込みください。

児童夢基金イベント詳細→
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

北海道に向けて演出家とともに [あとむ稽古日記]

今月の北海道公演に向けて演出の関矢先生とともに稽古です。

『あとむの時間はアンデルセン』の「パンをふんだん女の子」のワンシーン。
1491456175526.jpg

1491456181739.jpg

アンデルセンは童話の王様と言われていますが、切り絵がうまかいことでも知られていました。
自分の作った話を子どもたちに話して聞かす時に、決まって切り絵を作ったそうです。
今の世界に彼がいたら、絶対、仲良しになりたい。

言葉以外に彼の行動から、子どもたちに何を伝えたいか、厳しい人生をやさしく説いてくれているような感覚が好きです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

4月のあとむの予定~ [あとむでその他]

珍しく腰やら足やらが痛いので、整体へ行き体を正しい位置にもどしました。
普段から気をつけているのですが、この数週間のキャリーバッグのひきすぎによる過労と思われます(笑)。

あとむは、稽古にあけくれる日々です。
その合間をぬって北海道に参ります!

★『あとむの時間はアンデルセン』★
4月23日(日)札幌子ども劇場協議会(道新ホール)
24日(月)伊達子ども劇場(伊達市カルチャーセンター)
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇